パソコンの「ブルースクリーン」エラーとは?その原因と対処法

パソコンが突然、青い背景に白文字の「ブルースクリーン」を表示した場合、Windowsに深刻なトラブルが発生したと考えられます。

ブルースクリーンが表示されると一切の操作ができなくなってしまい、パソコンを強制終了させて再起動するしかありません。

今回はブルースクリーンが表示される原因と、通常のデスクトップ画面へ復帰させるための対処法をご紹介します。

ブルースクリーンとは

パソコンのブルースクリーンエラー

ブルースクリーンとは、Microsoft Windowsのオペレーティングシステム (OS)に何らかの原因で異常が発生した際に表示されるメッセージおよび、その画面全体を指す通称です。

青いスクリーンに白い文字で英語、あるいは日本語で「システムが不安定になっています」などといった警告文が表示されます。

ブルースクリーンは、次のようなタイミングで表示されます。

  • 電源を投入後、Windowsの起動中にロゴ画面の前後に表示される
  • 電源を投入後、Windowsが正常に起動した後、突然表示される

ブルースクリーンは一度表示されると、再起動しても表示され、Windowsが正常に起動しない状態になります。

ブルースクリーン3つの原因と対処法

ブルースクリーンに対処する女性

ブルースクリーンの原因には、大きく3つの要素が考えられます。

  • メモリのトラブル
  • ハードディスクのトラブル
  • OSのトラブル

それぞれのトラブルの詳細と対処法をご紹介します。

メモリトラブルと対処法

ブルースクリーンが表示される原因は、メモリのトラブルに起因するもの最も多いと言えます。

メモリのトラブルにも2種類あり、メモリ自体の故障と、メモリスロット(マザーボード側)が故障している場合が考えられます。

メモリ自体が故障しているケースでは、メモリを差し替えて起動することで復旧する可能性があります。

それでもブルースクリーンが表示される場合は、メモリスロットに原因があると考えられますので、メモリスロットを差し替えて起動します。

ハードディスクトラブルと対処法

ハードディスクの故障はパソコンにはつきもののトラブルのひとつで、ブルースクリーンの原因としてもポピュラーと言えます。

対処法としてはパソコンを分解してHDDを交換、完了したら新しくOSをインストールしてから起動を試します。

OSトラブルと対処法

OSの起動に必要なシステムファイルが破損、データを読み込めずにブルースクリーンが表示されるケースもあります。

この場合、リカバリーでWindowsを初期化すれば解消されます。

ただし、リカバリーをおこなうとHDD内に今まで保存したデーターや設定内容などはすべてなくなってしまいます。

パソコンからHDDを取り出し、データを移行する方法はこちら

故障したパソコンからデータを取り出す方法と予算の相場

上記の対処方法やパーツの交換が難しいと感じたら、ひとまず必要なデータのバックアップだけを行い、パソコン修理の専門業者に依頼されることをおすすめします。